講師派遣

当協会では、職員を講師として小・中・高等学校、大学を始め、各種団体へ派遣しております。職員は海外ボランティアとして「開発途上国」で現地の人々と共に暮らし、様々な分野で活動してきました。海外での体験談を始め、参加者の皆さんに実際にワークショップを通じて「世界や日本の現状」を体験していただく講座などを実施しています。ご依頼に応じてプログラムの提案をさせていただくことも可能です。

開発教育・国際理解教育

「開発教育」とは、自分と地域と世界とのつながりを認識し、公正で共に生きることのできる社会づくりに参加するための教育のことです。日本を含む世界で何が起こっているのかを知り、課題に「気づくこと」が課題解決に向けての第一歩です。
私たち一人ひとりが当事者意識を持って世界が抱える様々な課題を捉え、自分たちの生活に引き寄せてみることで、私たちにも「できること」が見つかるかもしれません。

多文化共生

最近、コンビニや駅でいわゆる「外国人」を目にする機会が多くなっていませんか?彼らは何をしに日本にやってきているのでしょうか。日本で暮らす「外国籍」の皆さんと共により良い地域社会を作っていくために、私たちにできることを一緒に考えましょう。

やさしい日本語

日本語がまだ得意でない方とコミュニケーションをとるときに用いることができる言語に、「やさしい日本語」があります。少しのコツとあなたの気持ちで、日本語はもっと多くの人と情報や考えをやりとりできる言語になります。ではそのコツとは?日本語教育の経験と海外で言葉の不自由さを感じながら生活した経験をもとに、「やさしい日本語」についてお話しいたします。
みなさんも「やさしい日本語」の使い手になりませんか?

クバーラ

マダガスカルの遊び「クバーラ」。マダガスカルで活動した青年海外協力隊が現地の遊びをスポーツまで高めました。ボールなどの道具がいらず、勝つには「協力すること」が最も大切である「クバーラ」は、魅力たっぷりのグループ鬼ごっこです。
コミュニケーション・協力・自己犠牲・達成感と様々な教育的要素が詰まったこの遊びを通して、団結力を高めませんか!?性別、年齢、国境関係なしのこの遊びは、学級作りはもちろん、グループのアイスブレークにぴったりです!
(体育館や校庭などのスペースで、20~70人向け。60‐90分で実施可能です。)

講師謝金設定

講師派遣の諸経費として以下の料金(税込価格)を申し受けます。
 ・講演型(世界のお話、海外ボランティア体験談など:60分) 
                     8,000円~
 ・参加型ワークショップ/クバーラ(90分) 15,000円~
 ・各種研修の企画実施(3時間以内) 30,000円〜 
(3時間以降は1時間当たり10,000円追加)

  *上記は講師一人あたりの金額です。
  *上記料金は基本設定となります。実施内容により金額が異なり
   ますので、まずはお気軽にご相談ください。
  *全ての講師派遣にかかる、旅費・交通費は別途必要です。

活動を支援する

会員募集中